スパムの戦いはグローバルに行きます

スパム戦闘に関与している6つの国際的な団体が、情報とリソースを集めています。火曜日に開始されたStopSpamAllianceは、よりグローバルな協力を促進するように設計されています。 APEC(アジア太平洋経済協力)、欧州連合のCNSA(スパム執行機関の連絡先ネットワーク)、ITU(国際電気通信連合)、ロンドン行動計画、OECD(経済協力開発機構)ソウル・メルボルン・アンチスパムグループとの提携を発表した。

StopSpamAllianceのWebページは、スパム対策法と執行活動、消費者教育と企業教育、迷惑メールや国際的な協力活動のベストプラクティスにリンクしています。イニシアチブは、2005年チュニス情報社会サミットからの要請に合わせて設定されました。メンバーは、「スパムによる深刻で増大する問題を効果的に処理する」よう要請しました。

ロンドンのウェブサイトUKのトム・エスピナー氏

Zuckerbergが火の下に: ‘Facebookはナパームの子供の有名なベトナムの写真を検閲するのが間違っています’

「GoogleのDeepMindは、マシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張している

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます

iPhone 7の普及に伴い、AppleのiOSは中国でさらに遅れる

Tech Industry、Zuckerberg、火災:「Facebookはナパーム・チャイルドの有名なベトナムの写真を検閲するのに間違っている」、人工知能、GoogleのDeepMindはマシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを起こしている、Cloud、Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーに取り組むiPhone 7の普及に伴い、AppleのiOSは中国でさらに遅れをとっている