IBM、Softbankのコグニティブ・コンピューティングのパートナー:Watson、Pepperと出会う

IBMとSoftbankはワトソンのコグニティブコンピューティングプラットフォームを日本に持ち込み、日本語を教え、ソーシャルロボットであるPepperと統合するためにチームを組んだ。

火曜日に概説されたこのコラボレーションは、ワトソンにとって興味深い変曲点です。 IBMは、中国とアメリカに次ぐ第3の経済大国である日本は、ワトソンが西洋のアルファベットに基づいていない言語に最初に進出したことを表しています。

この提携の下で、IBMとソフトバンクは、Watsonに日本語で話すことを教えようとします。これは一連の複雑な図である漢字のために学ぶのが難しい言語です。

IBMとソフトバンクのパートナーシップが成功すれば、ワトソンは日本の人口の援助を目指すソーシャルロボットのプラットフォームであるPepperの行動を知らせることができます。

Softbankのユニットは、Pepperをソーシャルロボットの主流にすることを目指しています。

ソフトバンクは、魅力的で、友好的で感情的に知的な、仲間としてペッパーに請求しています。ワトソンは、Pepperにより多くの知識ベースを提供し、ロボットを特定の業種に適用しやすくすることができます。

職場のワトソンアプリ。

イタリアのエネルギー大手は、IBMのコグニティブ・コンピューティングが新しい石油備蓄を見つけ出し、ビジネス上の意思決定を改善する方法を探るための新しいビジネスユニットを作り出しています。

IBMとソフトバンクは、ワトソンのアプリケーションとサービスを日本で生産することを目指している;両社はワトソン周辺のエコシステムを構築することを望んでいる;日本でのソフトバンクの企業規模はIBMを補完する; IBMとソフトバンクは、ワトソンのサービスを、 IBMのWatsonは日本のソフトバンクのデータセンターでホストされますが、IBMのWatsonは日本のソフトバンクのデータセンターでホストされます。

コラボレーションに関する重要なポイント

IBMのワトソン・アナリティクスは、スピーチ、ビジュアル、およびコンセプトの機能を備えた開発者のために開発しています;機械学習のフェイス・オフ:マイクロソフトはバンドを使用してワトソンのライバルの能力を示します。 、ビッグブルーは後で?

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース