ソニーはオリンパスと提携し、株式を取得する

ソニーは、オリンパスとの資本提携と事業提携の最終交渉に入り、10%の株式に約500億円(6億2170万ドル)を投じると発表した。これはオリンパスがパナソニック、富士フイルム、テルモなど他の企業と交渉しているという最近のニュースに続いている。

ソニーとパナソニックはいずれも、内視鏡の重要部品であるイメージセンサを製造しており、オリンパスは、読売新聞は週末の記事で、世界最大の市場シェアを獲得したと発表した。 500億円の投資でソニーはオリンパスの最大株主になり、昨年発表された会計詐欺を受け、企業のリストラを進めている。同社は今、資本注入などでバランスシートを改善しようとしていると、読売社は指摘する。

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム