Vringo子会社がMicrosoftに訴え、特許侵害を主張

Vringoの知的財産会社の子会社は、2つの特許を侵害しているとMicrosoftから訴えられていると、同社は今朝のプレスリリースで述べている。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

完全所有の子会社I / Pエンジンは、ニューヨーク南部地区にマイクロソフトに対して訴訟を起こしました。

I / Pエンジンは、マイクロソフトが特許を侵害し、ロイヤリティと「回復可能な経済的傷害の任意の形」によって過去および将来の損害賠償を裁判所に請求すると宣言した裁判所の判決を求めています。

2つの特許は、米国特許第6,314,420号および米国特許第6,775,664号に関連し、本質的に検索エンジンの仕組みの基礎フレームワークを詳述している。しかし、Bingはおそらく推測であろうにもかかわらず、これらの特許が関係するMicrosoftの製品またはサービスを正確には明らかにしていない。私たちはこれについてVringoからの明確化を求めています。

Vringoは、英国の裁判所で、ZTEを提訴するために使用された、スマートフォンの分野におけるマイクロソフトのパートナーであるノキアから500件以上の特許と特許を購入するために、Vividoは960万株を3120万ドルで売却した。特許ポートフォリオは約2200万ドルに過ぎず、ノキアにとっては価値があるものの、最終的にはVringoにとってはさらに優れています。これは進行中の訴訟からさらに大きな報酬を得ることができるかもしれません。つまり、もし勝てば。

同社(またはその子会社の1社)が技術巨人を裁判所に連行したのは初めてではない。昨年末、VringoはGoogle、AOLなどから何億ドルもの裁判所に出向いた。特許保有者は、要求された総額の一部を損害賠償額として徴収しただけです。

私たちはマイクロソフトに質問をしましたが、執筆時点では聞いていませんでした。マイクロソフトはコメントすることを拒否した。また、Vringoが詳細を見るために裁判所の文書をアップロードするのを待っています。私たちはもっと作品を更新します。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます