SingNetとNifty Corpがパートナーシップを結ぶ

シンガポール、2000年7月20日 – シンガポールのインターネットサービスプロバイダーでSingTelの100%子会社であるSingNet、日本のISPであり富士通の完全子会社であるNiftyは戦略的パートナーシップを発表しました。この戦略的パートナーシップにより、SingNetとNiftyの両方の顧客は、両方のISPによって提供されるコンテンツとサービスにアクセスすることができます。 SingNetとNiftyがパートナーシップの下で開発するインターネットサービスは、直接ローミング、コンテンツ共有、電子商取引である;ダイレクトローミングにより、SingNetの顧客は、サービスを使用してより迅速かつ簡単にウェブをローミングしてサーフィンすることができる。日本ではシンガポールのNiftyのお客様も同様です; SingNetはNiftyの日本語ウェブコンテンツを、NiftyはSingNetサイトをホストします。コンテンツはローカライズされ、より多くの地元のサーファーに手を差し伸べるようになります; SingNetとNiftyのお客様は、両方のISPのサイトで、オンラインで日本とシンガポールを購入すると、電子商取引を簡単に行うことができますSingTel MultimediaのLeong Shin Loong最高経営責任者(CEO)は、「Niftyとの提携はSingNetの顧客にとって、日本のウェブサイトをすぐに見たり、日本の商品を買い物したり、楽しんで楽しめるようになります。 Niftyは、顧客により良いサービスを提供できるように、世界の主要ISPとの多国籍同盟を構築することで、グローバルサービスの開発に努力していきます」とNifty Corporationの社長であるWatanabe氏は述べています。 1994年に発足し、1998年5月にシンガポールテレコムの100%子会社として設立されました.SingleNetは幅広い顧客層に対応しており、 Nifty Corporationはインターネットアクセス、コンテンツ、コミュニティ、Eコマースサービスを日本の消費者やビジネス顧客に提供しています。 Niftyのインターネットサービスブランド@niftyは、382万人の加入者と840万人のユニークユーザーを抱えています。また、オンラインビジネスのビジネスプラットフォームを提供します。

TPG、シンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加

VPNの禁止は、著作権を差別的に保護し、ユーザーを地下に追いやる

シンガポールで自転車タクシーを無料で提供

シンガポール、fintech実験のための実験室を開く

通信事業者、TPGはシンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加するために適用されるセキュリティ、著作権差別を保護するためのVPN禁止、地下ユーザーを運転する;革新;シンガポールでフリーライドを提供する自己運転タクシー;銀行;シンガポールはfintech実験