ServiceNowは、第2四半期の売上高サマリー、

ServiceNowは、企業がITサービス管理以外の目的で同社のプラットフォームを使用し始めたことにより、第2四半期に予想を上回る収益成長を達成しました。

同社は第2四半期の純損失を1億4600万ドル(前年同期比63%増)の5億1,400万ドル(1株当たり35セント)と発表した。非GAAPベースの損失は1株当たり7セントでした。

ウォールストリートは、ServiceNowが1億6150万ドルの売上高で7セントの損失を報告すると予想していた。

ServiceNowの繰延収益は3億2,890万ドルで、順調に7%増加しました。この四半期に169社の新規顧客を追加し、合計で2,364社となりました。第2四半期のServiceNowの更新率は98%、顧客あたりの平均収入は前年同期比で21%増加しました。

この見通しについて、ServiceNowは第3四半期の売上高を173百万ドルから175百万ドル、営業利益率を1%と予想している。ウォールストリートは、ServiceNowが第3四半期の売上高を169.6百万ドルで報告すると予想していた。 ServiceNowの見通しには、今月初めに買収されたNeebula Systemsの事業が含まれています。

2014年には、ServiceNowもその見通しを引き上げ、今年の売上高は6億6800万~6億7300万ドルになると予想しています。

この四半期中、ServiceNowは、施設を管理しカスタムアプリケーションを作成するための一連の製品を発表しました。

Akamaiはまた、第2四半期の利益が4億7,600万ドル(1株当たり40セント)で、前年同期比26%増の4億6,600万ドルと好調に推移しました。非GAAPベースの利益は58セントでした。

ウォール街では、第1四半期の収益4億7,290万ドルに対し、1株当たり55セントの利益を期待していた。

同社は、メディア配信、セキュリティとパフォーマンス、サービスとサポートの3つの主要製品ラインを横断して強力な成長を達成しました。 Akamaiは、4,558人の従業員と154,079台のサーバーを展開して四半期を終えました。

オンプレミスのデータセンターとパブリッククラウドリソースの架け橋であるEquinixは、売上高について第2四半期の業績が好調であったと報告しています。

同社の第2四半期の収益は、前年同期比4%増の6億1520万ドルで、1130万ドル(1株当たり22セント)となった。エクイニクスは、早期に借り手を退職させることで、5120万ドルの費用が発生したため、利益が計上されたと述べた。

ウォール街は、596百万ドルの収益で81セントのシェアを目指していた。

エクイニクスは第3四半期の売上高が6億1,400万ドルから6億1,800万ドルになると予想している。ウォールストリートは第3四半期の売上高が6億2625万ドルになると予想していた。

同社は2014年の売上高が22億2000万〜24億3000万ドルと予測している。

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

クラウド、クラウドコンピューティングのクーパ、7500万ドルのIPO、クラウド、クラウドコンピューティングが1つずつAPI、エンタープライズソフトウェア、スイートSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを曇らせ、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより敏捷性を約束

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表