Sensus、スマートグリッド分析プロバイダVerdeecoを買収

ユーティリティインフラストラクチャシステムのプロバイダSensusは、電気、水道、ガスのユーティリティ用の大規模データソフトウェアを提供するスマートグリッドアナリティクス会社、Verdeecoを買収したと発表した。

契約条件は明らかにされていない。

Verdeecoの一連のサービスとアプリケーションにより、ユーティリティはスマートメーター、SCADAシステム、顧客課金ソフトウェアなどのソースからデータを集約し、そのデータを実用的な洞察に変えることができます。

すべてのアプリケーションは、VerdeecoのGrid-as-a-Serviceプラットフォームによってクラウド内でホストされています。 Verdeecoポートフォリオの特定のアプリケーションには、トランスの利用、負荷の集計、アラートとアラームの管理が含まれます。 Verdeecoは買収後も別のブランドのままですが、Sensusの一部として運営されます。

準備された発言で、Sensus President Randy Baysは言った

業界でのデータの重要性は、異種のソースからデータを収集する能力だけでなく、ユーティリティが技術投資から大きな価値を実現するための実用的な洞察を生成することを中心に展開されています。

 カバレッジ

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

IBMは新しいサービスでスマートグリッド通信をターゲットにする; Sensus:700万スマートメーターとカウント; BTはArqiva、スマートメーター入札用のDetica

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO