シャープ、3,000人削減

シャープは早期退職と自然減を通じ、3000人の雇用削減、つまり労働力の15%を削減することを検討しています。

5月末現在、シャープは親会社のみで約21,000人の従業員を抱えており、経営陣は予定されている雇用削減について労働組合とすぐに話し合い、本社を含む様々な場所で早期退職を呼びかけることが期待されている、工場、営業部門などが出席した。

日本企業の財務体質への影響を軽減するために、自然減少に加えて、計画を実施するのに約2年間を予定しているという。彼らは海外での雇用を検討している、と付け加えた。

シャープは、4月から6月に液晶パネル(LCD)パネル事業の悪化により約1,000億円(12億8000万米ドル)の純損失を計上するとの見通しを明らかにした。 8月2日に当期の最初の3ヶ月間の収益を発表する予定です。

他のいくつかの電子企業が、求人数削減について話しているという。日本では、パナソニックは、本社から3000人から4000人の従業員を解雇して事業を合理化し、損失を減らすことを検討しているとされていたが、ソニーは大規模なリストラの一環として世界の人員の6%を削減し、 。

携帯電話メーカーNokiaは、6月にも、6月に、2013年末に全世界で10,000人の雇用を削減すると発表した。一方、BlackBerryのResearch in Motion(RIM)は、最終的に10億米ドルを節約するために、今年度の

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム