Toshiba Qosimo F750 3D

東芝の新しいQosimo F750 3Dは外見上は民生用のラップトップですが、同社のエンタープライズDNAは深く走り、これは新しいビジネスチャンスがたくさんあるマシンです。これは、それが眼鏡のない3Dディスプレイを備えた最初のノートブックであるからです。 3Dディスプレイを主流にし、建築モデルからプロダクトディスプレイ、現実感や視野深度、広告の視覚化まで、幅広いビジネスシナリオをサポートする東芝のこのマシンには、多くの自信があります。

基礎となる技術は非常にスマートです。アイトラッキングソフトウェアは、ラップトップのHDカメラを使用して、どこを見ているのかを判断し、その結果得られたデータを使用してアクティブなレンチキュラーレンズを制御します。それは驚くほど正確で、非常に迅速に対応します。私たちは打ち上げイベントでデモンストレーションマシンで時間を過ごし、ディスプレイを試してみることができました。画面から少し離れた場所を見ると、ディスプレイは一貫性を失うことができましたが、カメラが目の位置を検出してディスプレイを洗練している間にわずか数秒しかかかりませんでした。

私たちはこれまで3Dディスプレイに関する懐疑的でした。結局のところ、眼鏡は不器用で厄介であり(そして少し醜い)、さまざまな立体的なテクニックが混在しています。しかし、これは非常に異なる魚の釜です。ディスプレイはクリアで明るく、3Dは非常に反応的です。たとえポジションをかなりシフトしたとしても。

Qosimoのスクリーンの1つの便利な機能は、同時に2Dと3Dのコンテンツを混在させることです。 CADアプリケーションでは、2Dパーツと一緒に3Dレンダリングを表示できますが、建築ツールではこのツールを使用して、デザイナーが建物やプラントの3Dワイヤーフレームを探索して、どのように物事が合うかを示すことができます。過去には、3Dは目新しそうに見えました。実際には、この新しい世代のメガネフリーディスプレイだけで、ゲームやビデオの再生以外で使用することができます。

東芝は、Qosimoに最初のラップトップ型BD-XLドライブを搭載しました。今日のハードディスクドライブは500GB以上のクロックで動作するため、ディスク上に4層に書き込む機能を備えた高密度の高速バックアップメディアが必要です。 BD-XLドライブは128GBの情報をディスクに保存することができるため、従来のBlu-rayメディアとの互換性があります。そのため、ドライブを使用してムービーを視聴できます。 BD-XLディスクは安くはありませんが(まだ)、ハードドライブより安いです…

Qosimoで多くの馬力を得ることができます(消費者が2D映画を3Dに変換するのに驚くことではありません)。Core i7プロセッサとHuron Riverチップセットは6GBのRAMに対応しています。 2GBのNVIDIA GeForce GT 540Mグラフィックスカードが3Dディスプレイに対応しています。これは合理的な15.6インチです。ワイドスクリーンユニット。重すぎず、重さは2.9kgで、これを頑丈な機械にしています。価格は1,299ポンド(VAT)前後で、8月の出荷が予定​​されています。

東芝は新しいQosimoで信頼できる仕事をしたように見えます。これは、エンタープライズとコンシューマ両方の要求を満たすマシンであり、最も要求の厳しいグラフィックスタスクに十分なパワーを備えています。ビジュアルデザインがビジネスにとってますます重要になることから、これはグラフィックデザイン部門に直接向かうノートブックである可能性が高いです。ノートブックであれば、Macや2台の代わりに使うこともできます。

サイモン・ビッソン

Republic WirelessでSamsung Galaxy S7 Edgeとのハンズオン:より良いWi-Fi通話体験

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Plantronics BackBeat GO 3とVoyager 5200ヘッドセットのハンズオン:新しいApple iPhoneに最適

モバイルでのサムスンギャラクシーS7 Edgeでのハンズオン:より良いWi-Fi通話体験、挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット、モビリティ、Plantronics BackBeat GO 3とVoyager 5200ヘッドセットの実践:新しいApple iPhoneには完璧です