米国国防総省は2017年2月までに400万台のデバイスをWindows 10にアップグレードする

米国国防総省の国防長官は、従来のWindows版を実行しているすべてのDoD機関にWindows 10で標準化し、直ちに導入するよう指示しています。

エドボトル

Windows 10、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、クラウド、MicrosoftのクラウドパートナーのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようにする、エンタープライズソフトウェア、WindowsのためのMicrosoftの新しいビジネスモデル10:有料プレイ

国防総省の目標は、2月17日のMicrosoftのブログ記事によると、2017年2月までに約400万台のデバイスとシステムをアップグレードすることだ。 (この合計に電話が含まれているかどうかを尋ねましたが、これまでに見つけられていません)。

「これはすべて1年以内に起こることを期待しています。これは、以前のWindowsマシンが安全ではないことを知っていることを意味します。これが最も重要です.DoDは、通常、 Moor Insights&Strategyのパトリックムーアヘッド(Patrick Moorhead)社長兼アナリストは次のように述べています。「ハッカーたちは急速に動いているため、DoDには最新の技術が必要です。

「これはまた、企業内で最も幅広い展開が可能なWindows 10が用意されていると私にも言います。DoDはこれほど多くのシステムを高速で実行することはできませんでした。

Windows 10のAnniversary Update(バージョン1607)は過去数週間にわたり公開されており、一部の早期導入企業は問題を抱えています。エドボットのガイドには、既知の問題に関するいくつかの具体的な修正と、時間を守ったトラブルシューティングのツールとテクニックがあります。

2015年11月、DoDのCIOであるTerry Halvorsen氏は、DoDのサイバーセキュリティを向上させ、ITコストを削減し、IT運用環境を合理化するために、Windows 10を迅速に導入するための戦闘司令部、

このメモは、国防総省の目的が2017年1月までに導入を完了することであったと述べています。各支店のCIOは、目標導入日を超えて最大12ヶ月間「制限付き権利放棄権限」を認められます。 Halvorsen、メモは言った。

国防総省は、以前のMicrosoftオペレーティングシステムのリリースについて強気を抱いていました。米軍、空軍、防衛情報システム局(DISA)は、2013年にWindows 8を標準化し、DoDの全従業員の75%を3年間で6億1,700万ドルの契約の一部として移動させると発表しました。

マイクロソフト社はまた、同社のサーフェイスデバイスファミリが、DISA統一機能(UC)認定製品リスト(APL)を通じて認定され、利用可能となったことを発表しました。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10 Enterpriseは、Microsoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用可能になりました

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い