マイクロソフトのビルド2015ショーでは何が得策か

Windows 10の予定された開始はほんの数ヶ月ですが、MicrosoftのビルドカンファレンスはWindows 10の開発者の話以上に焦点を当てます。

Windows 10、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、クラウド、MicrosoftのクラウドパートナーのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようにする、エンタープライズソフトウェア、WindowsのためのMicrosoftの新しいビジネスモデル10:有料プレイ

Microsoftの年次開発カンファレンスであるBuild 2015は、4月29日水曜日に始まります。Microsoftのエグゼクティブがこのイベントを使用して、One Windowsとその基盤となる共通アプリケーションプラットフォームがMicrosoftの開発者コミュニティにとって何を意味するのかを強調しています。他の開発者のニュースもたくさんあります。

マイクロソフトは4月27日に会議の予備的なリストを掲示したが、2015年のBuild 2015アプリケーションのスケジュールビルダーを介して入手可能である。このリストから、予想通り、Windows 10とMicrosoftの最新Windows 10デバイス(拡張現実ホロレンズメガネ)がこのショーで大きくなることは明らかです。

このウェブサイトライブカバレッジ:Microsoftの2015 Build developer confab

私が期待している他のニュース

Visual Studio 2015リリース候補:今年の夏にVS 2015が発売されるとMicrosoftの関係者は語った。

ユニバーサルアプリケーションプラットフォーム(UAP)の「公式」ブランドのリブランディング – おそらくUniversal Windows Platform(UWP)へのリブランディング。どうして?ユニバーサルアプリケーションプラットフォーム(UAP)の「ユニバーサル」は現在、Windows全体であり、すべてのオペレーティングシステムではありません。なぜなら、「ユニバーサル」という言葉が意味するように思われるからです。 Microsoftが現在Metro-Style / Windows Storeアプリ「Windowsアプリ」と呼んでいることから、WPUの方が意味がある。

マイクロソフトのOffice 365アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)戦略の詳細Microsoft CEOのSatya Nadellaは、Office 365というMicrosoftの「最も戦略的な」APIと言いました。しかし、これらのAPIを使用して開発したアプリケーションやサービスを開発するためのMicrosoftの計画や、開発者がOffice Graphマシン学習テクノロジをいつ、どのように利用できるようにするかについては、マイクロソフト自身のFlipboardのようなDelveサービスに動力を与えている。

小規模デバイス向けWindows 10 IoTのパブリックプレビューWindows 10は、Thingsデバイスの組み込み/インターネットのための複数の味になるだろう。小規模デバイス向けのWindows 10 IoT(コードネーム「Athens」)は、デスクトップレスのバージョンで、メーカーや企業が製品を出荷する際に無料となります。また、Windows 10 IoT for Enterpriseは、Windows 8 Embedded for IndustryとWindows 10 IoT for Mobileのバーコードスキャナなどの組み込みデバイスのフォローアップであり、セルラー音声スタックも含まれます。 Windows 10 IoT for Small Devicesは、新しいRaspberry Pi 2ボード上で動作するものです。

HPなどが率いる新しいコンソーシアムによって開発されている新しい3D印刷フォーマットをめぐる「メーカー」コミュニティにとって興味深いニュース。

Xbox Liveソフトウェア開発キットのより広範なリリースにより、Xboxを開発者にインディーにすることができます。 (Xbox Live SDKは現在、パートナーを選ぶだけで利用可能です。)また、HoloLens SDKもあると思いますが、マイクロソフトが今週の実際のビットをリリースするか、E3ショーまで保留するかどうか分かりません6月中旬に

私たちが今週何を聞くかもしれないかについてのワイルドカード推測のカップル

AirSpace:クロスオペレーティングシステム開発のためのMicrosoftの秘密兵器。前述のように、マイクロソフトは、クロスWindowsフレームワークを「ユニバーサルWindowsプラットフォーム」と呼ぶことになっています。しかし、これは、開発者がWindowsを含むすべてのオペレーティングシステム用に書くのを簡単にする方法を模索してきたことを意味しているわけではありません。

MicrosoftのOfficeチームは、Microsoftの開発チームがAndroid、iOS、Windowで多くのC ++ Officeコードを再利用できるようにOfficeアプリケーションを構築しています。マイクロソフト社が開発した「AirSpace」と呼ばれるものがあり、これにより同社は残りの部分を手に入れることができます。マイクロソフトがAirSpaceについて公式に発表したことはほとんどありませんが、このテクノロジには一連のプラクティスや、複数のオペレーティングシステムで実行可能なアプリケーションを構築するためのAPIやツールが含まれる可能性があります。ビルドは、マイクロソフトがAirSpaceを取り巻く環境を取り上げ、独自の教訓を語っているかもしれません。

LLK、.Net用のLLVMコンパイラ:InterKnowlogyのTim Huckabyを含むいくつかの開発者は、Windows Serverだけでなく、WindowsクライアントやデバイスにもオープンソースのLLVMコンパイラを実装する可能性について喜んでいます。 LLIC(「ライラック」と発音)に関するMicrosoftの取り組みについて詳しくは、このFAQを参照してください。これは、MicrosoftがクロスOS開発をすべてのストライプの開発者にとってより簡単で興味深いものにしようとする別の方法かもしれません。

マイクロソフトでは、サンフランシスコのモスコーネから水曜日と木曜日の午前8時30分から午前11時まで、ビルドの基調講演をライブストリーミングします。セッションの録画は、マイクロソフトのチャンネル9で行われた直後に利用可能になります。

スペース制限のためにビルドに参加できなかった人は、世界中の多くの都市で5月と6月に行われているMicrosoftのビルド2015ロードショーに無料で登録することができます。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10 Enterpriseは、Microsoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用可能になりました

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い