PC:死から戻って、もう一度

近年のPC販売の著しい低下は、多くのコメンテーターがPCを死んだと宣言するようになった。

しかし、アナリストのガートナーの最新の数字が信じられれば、その噂は大きく誇張されているかもしれない。

世界のPC出荷台数は2013年に約10%減少しましたが、2014年の直近四半期の出荷台数は前年同期比でわずか0.5%減少しました。米国および欧州では、前年度は米国で4.2%増、欧州、中東、アフリカで9.1%増となった。

ガートナー・ランジット・アトワルのリードアナリストは、このような要因は数多くの要因に起因していると主張していますが、今年4月にマイクロソフトが公式にサポートしていたWindows XPを搭載したPCは、

プロフェッショナル側では、継続的なWindows XPの移行から成長が見られます。これはデスクトップからノートブックプロフェッショナル市場、特に北米と西ヨーロッパでの成長を促進しています。いくつかのケースでWindows 8 “と彼は言った。

Atwal氏は、中小企業のXPからの移行がPCの売上高を引き上げると予測しています。

同氏は、「今後も中小規模の事業セグメントが拡大し、おそらく2〜3四半期になるだろう」と述べた。

私たちは、昨年からマイナス1%(出荷量)から今年マイナス1%へと、来年にはややプラス成長を遂げました。私が期待していないことは、来年に再びマイナス10%に戻るということです。

しかし、XPを稼動しているマシンの代わりに企業がPCの販売が自由落ちに戻ったというわけではないが、バッテリ寿命の良い軽量で薄いPCの消費者需要として、ウルトラブック、2インチ-1とタブレット型変換器 – が成長する。

第4四半期に見てきたように、今四半期にも見られるように、消費者側の人生はますます増えています。

私たちは変化の谷間を歩いており、PCを持っている人は今、市場に戻ってそれらを置き換えるように見えるでしょう。しかし、そこにはPC製品のポートフォリオもあります – 2-in-1s、タブレットハイブリッド、バッテリー寿命を持ち、より薄くて軽いコンバーチブルなので、ユーザーが探しているボックスの多くをチェックします。

PCの出荷台数は回復の兆しを見せていますが、タブレットの需要は減速しており、コンピューティング機器の市場の再調整としての運命の転換を説明しています。

Der Frankenputer:システムビルでの最後のハレイ、タブレット、ウルトラブック:未来は不可能、タブレットは現在使い捨てのコンピューティングデバイスですか?

Windows 10、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場を表明した、モビリティ、RazerがインテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックスを搭載したBlade、Bladeステルスラップトップ、ハードウェア、Lenovoが2対1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップ、Windows 10、MicrosoftのWindows 10 ‘Redstone 2’テスト・ビルド14915がPC、携帯電話

「2008年から2010年の間に選択肢がなかったため、インターネットへのアクセスが必要な人は誰でもPCを購入したため、PCのインストールベースは本当にすばやく成長しました。過去数年間に見たことは、そのインストールベースからのフィルタリングです。より良い選択肢を見つけた人は動いた。インストールベースは小さく、年間生産量は4億ドルに達するのではなく、3億ドルのレベルに向っている」と同氏は指摘する。

Atwal氏によれば、タブレットを買った人の中には、PCで置き換えたり、PCが必要だと判断したりする人もいます。

全体的なタブレットの音量が低下しています。特に米国では、ここ数年、特にiPadsで錠剤が普及しています。

パソコンに向かう傾向は少しありますが、タブレットが必要とするすべてのことをやっていないかもしれないというユーザの認識があります。

ガートナーがコンピューティング機器の「成熟市場」と呼ぶPCの出荷台数は、アナリスト家が「2015年後半になる」新興市場で同様の採用パターンを予想している中で拡大している。

Atwalは、企業や消費者が、携帯電話、タブレット、PCにまたがるコンピューティングデバイスを混在させて解決することを期待しています。

タブレットとPC、さらには携帯電話を組み合わせたものです。画面サイズが大きくなるにつれて、だから、実際には次の動きはそれらの組み合わせデバイスです。それはあなたがしている仕事の種類のために必要な画面の不動産やどのような重量のどのような種類についてです。

結局のところ、PC市場の見通しに関する不確実性にもかかわらず、PCは決して死んでいないと同氏は付け加えた。

PCが消えることは決してなかった。それはいつも再調整の期間でした。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

マイクロソフト社のWindows 10 ‘Redstone 2’テストビルド14915は、PC、電話機で利用可能