VMware、vSphere 5を中心とした製品投入

VMwareは本日、vSphere、vShield、vCenter Site Recovery Manager、vCloud Director、およびvSphere Storage Applianceへのアップデートを含む製品放棄を開始しました。私のウェブサイトの同僚であるKen Hessは、Go GoでVMwareの最初の印象を紹介しました:vSphereは5になります。別の観点からの立ち上げを見ていきます。

新着情報?

VMware vSphere 5 – 製品にはハイパーバイザのアップデートが含まれており、管理の細分性が向上し、仮想ストレージを物理ストレージとよりよく結びつけることができるように新しいAPIが追加され、ストレージアレイの意識も高まりました。 VMware vCenter Site Recovery Manager 5 – ディザスタリカバリ機能の改善、VMware vCloud Director 1.5 – 仮想マシンのプロビジョニングの迅速化、セキュリティの向上、シンプルなクラウド管理の改善、およびハイブリッド(オン/オフ)クラウド、VMware vSphere Storage Appliance – ストレージI / O管理の改善

その背後にある考え方は、主力製品であるVMware ESXハイパーバイザーを取り巻く技術における当社の地位を引き続き改善することであることは明らかです。この製品の発売は、クラウドサービス管理、セキュリティ、災害復旧、処理最適化、およびストレージ仮想化に対応しています。

同社はまた、物理システムベースのライセンスモデルからVMベースのモデルに移行するライセンスの変更を発表しました。

VMwareも、私が聞いたライセンス不平等に対処する方向で始めたようだ。しかし、これがデータセンターに対するVMwareの課税額になるかどうかは必ず確認する必要があります。

変更されていないものは、データセンターにあるものに関するVMwareの見解です。 VMwareには、業界標準のX86ベースのシステムとそれらのシステムをサポートするストレージだけが含まれているデータセンターの見方がかなり狭いことは明らかです。ただし、ほとんどのデータセンターには、メインフレーム、UNIXを実行するミッドレンジシステム、IBM Iなどの単一ベンダーのオペレーティングシステム、電源管理、冷却、ネットワーキングおよびストレージ機器が含まれます。だから、VMwareはまだ大部分の大企業や大企業が直面しているより大きな問題に取り組んでいない。

VMwareがvSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新

VMwareの次のプレー:企業向けのすべてのクラウドの管理

NutanixはParmixData、Calm.ioを買収し、雲の野望を強化する

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

VMwareは、vSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新、Cloud、VMwareの次のプレイ:エンタープライズ向けのすべてのクラウドを管理、データセンター、PunixData、Calm.ioをクラウドの野望を強化する動きで買収、Nvidiaがバーチャル化GPUモニタリング、分析