最高のVoIPソリューションは…

企業のIP電話の顔は過去数年間でかなり変化しました。 VoIPプロバイダーは、音声およびデータインフラストラクチャを1つの統合ネットワークに統合することで、コスト削減と効率化を追求するだけでなく、幅広い製品やサービスで電話機の実装を活用できるよう努めています。オーストラリアのウェブサイトのJames Bannanがトップ候補者を見ている

ユニファイドコミュニケーション(UC)、統合、コラボレーションは今日の原動力です。企業は、企業内での役割やそれが働くツールに関係なく、すべてのユーザーに費用対効果の高いシームレスなコミュニケーションを提供したいと考えています。これは、XMLアプリケーションを実行する卓上電話だけでなく、ビジネスソフトウェア、コラボレーションアプリケーション、スマートフォン、従来のベースステーションなど、複数のプラットフォームにわたるユーザーに続く拡張機能です。

この変更は、VoIPプロバイダが1990年代に実施したインフラストラクチャの作業によって可能になりました.VoIP技術は、従来のPSTNモデルと比較して堅牢でスケーラブルな通信プラットフォームとして確立されています。最近の変化は、異種の技術が絶え間なく融合してきたことによってもたらされました。これは、携帯電話が高帯域幅のデータパイプで完全にWeb対応になっており、ビジネスアプリケーションは従来よりもはるかにWebを意識しています。このような環境は、システムの緊密な統合、プラットフォーム間のよりシームレスなユーザーエクスペリエンスに非常に役立ちます。

新しいVoIPソリューションを導入したり、既存の投資を拡大しようとしている企業は、確かに選択肢が損なわれています。中小企業は、データ中心のテレフォニーシステムから大幅に利益を得ており、ほとんどのプロバイダは、5人のユーザーまたは5万人のユーザーのニーズを満たすソリューションを提供しています。

すべてのIPテレフォニーベンダーが売上高の減少を見せた世界的な金融危機が支配した年に、シスコは唯一の世界的な売上高が37%増加した唯一の劇的な例外でした。オーストラリアでの市場支配力は、2008年第4四半期の市場シェア39%(競合他社のNECの3倍)にとどまっています。

シスコは、VoIPおよびIPテレフォニー市場における技術革新、開発、およびビジネスへの取り込みを促進する技術力の強さとして長年認識されています。専門ネットワークベンダーとしての同社の歴史は、1990年代を通じて従来のIPおよびテレフォニーインフラストラクチャのコンバージェンスを積極的に促進するために、シスコをテレコムベースの競合他社と比較して市場に独占的に位置付けました。そのレガシーでは、シスコは現在、音声とビデオの両方をシームレスにエンドツーエンドのコミュニケーションエクスペリエンスに提供する統一されたコラボレーションに専念しています。

シスコは、このビジョンを構築するために、非常に大きく多様な製品群を用意しています。 Cisco Unified Communicationsは、シスコのネットワークオーディオ、ビデオ、およびプレゼンスシステムのバックボーンから構成されています。スマートビジネスコミュニケーションシステム(SBCS)は、最大50人のユーザーを対象とする小規模ビジネス向けで、OutlookやLotus Notesの統合メッセージング、ボイスメール、会議、WebExサポート、基本的なファイアウォールとリモートアクセス機能などの機能を提供します。大企業では、ルータベースのUnified Communications Manager ExpressとサーバベースのUnified Communications Manager Business Editionがあり、それぞれ最大240人と500人のユーザをサポートします。エンタープライズレベルでは、Cisco Unified Communications Managerが配置され、クラスタごとに最大30,000のユーザをサポートし、最大100台のユニットを1つのシステムに統合できる集中システムを使用します。

ユーザ側では、シスコのフラッグシップ7900シリーズの有線およびワイヤレス卓上電話、ハンドセット、会議システムが使用されています。各デバイスはサポートされており、バックエンドのシスコシステムまたはコラボレーション製品で動作します。

ユニファイドメッセージングは​​Unityの製品群によって管理されます。 Unity Expressはエントリーレベルのシステムで、最大250のメールボックスを提供し、2800シリーズルーターのような他のシステムではアドオンとして統合することができます。主なUnity製品は、企業向けに設計されています。 Microsoft ExchangeやIBM Lotus Dominoと緊密に統合され、シングルインボックスのユーザーエクスペリエンスや、Unified Communications Managerやレガシーのサードパーティのボイスメールシステムにも対応しています。 Cisco Unityの最新バージョンはVMwareでサポートされているため、大規模なデータセンター展開に最適です。

シスコの2007年のクラウドソフトウェア企業であるWebExの買収により、SaaSのコラボレーションが製品分野にもたらされました。従来のWebEx機能の維持は別として、シスコはUnified MeetingPlaceを拡張しています。これは、ユーザが豊富なオーディオ、ビデオ、およびデスクトップの共有環境でWebExベースの会議を開催し、参加することを可能にします。それはビジネスの敷地内にあるため、LAN帯域幅、セキュリティ、企業アプリケーションとの統合、帯域幅の節約などの利点があります。外部顧客はもちろん、会議に参加することもできます。高度なビデオエクスペリエンスのために、Cisco TelePresenceと統合されたUnified VideoConferencingによりWebExを拡張し、標準のVoIPプロトコルを介して高精細ビデオを提供することができます。

移行中にシームレスに通信する機能を拡張するために、シスコは企業内線への着信コールを卓上電話や携帯電話などの最大4つのデバイスにルーティングできるUnified MobilityおよびUnified Mobile Communicator製品を提供しています。モバイルユーザーは引き続きディレクトリ情報とボイスメールデータにアクセスし、Unified MeetingPlace経由でコラボレーションすることができます。さらに、iPhoneとスマートフォンのユーザーは、WebExミーティングに完全に参加できます。 Mobile Communicatorは、Unified Personal Communicatorソフトフォン、Microsoft OCSおよびIBM Lotus Sametime用のUCなど、ユーザープレゼンスアプリケーションスイートの一部です。

シスコは、驚異的な製品のように見えますが、企業が適切なソリューションを正確に設計することは困難な場合があります。そのため、シスコはパートナーやリセラーに大きく依存しています。しかし、シスコは技術ショーケースを通じて会話にとどまっているので、顧客はそのオプションが何であるかを感じ取ることができます。シスコの完全な実装には、異種の製品を多数購入し、それらの製品をうまく使用することが求められるかもしれませんが、そうではありません。すべてのシスコユニファイドコミュニケーション製品は、相互にシームレスにサポートおよび統合するように設計されていますが、シスコが市場で最も経済的に利用できるオプションを提供しているわけではありませんが、あらゆるシナリオに対応できるソリューションを備えています。シスコは最良のネットワーキングを行います。

はじめに、Cisco、Nortel、Avaya、NEC、Alcatel-Lucent、ShoreTel、Asterisk / Digium、結論

シスコ

はじめに、Cisco、Nortel、Avaya、NEC、Alcatel-Lucent、ShoreTel、Asterisk / Digium、結論

はじめに、Cisco、Nortel、Avaya、NEC、Alcatel-Lucent、ShoreTel、Asterisk / Digium、結論

概要

ベンダー:シスコ、価格:リセラーからのリクエストに応じて提供、保証とサポート:シスコ、良い:市場リーダー、すべてのビジネスプラットフォームでのユニファイドコミュニケーション、大規模かつスケーラブルな統合ソリューション、悪い:ソリューションは、複雑なビジネスソリューションにはコンサルタントのアプローチが必要です。結論:VoIPを考慮して50人以上のユーザーを対象とする企業にとって、シスコはその候補者の候補です。

カナダの電気通信大手Nortelは、最近シスコに追い越されるまで、ロンドンの2012年オリンピックや世界中の数十万の顧客など、巨大なグローバルインフラプロジェクトをサポートするIPテレフォニーの市場リーダーでした。

同社は、2009年1月にカナダ、米国、英国で破産保護を申請し、事業部門の売却を進めている現在、流動性の状態にある。エリクソンはNortelのCDMA / LTEインフラストラクチャーに成功し、Avayaはエンタープライズソリューション部門の公開ストーキングホースを獲得しました。オーストラリア市場における影響は、最終的に関連する事業部門をどの会社が購入するか、アジア太平洋地域における現在のプレゼンスはどのようなものかによって異なります。結果にかかわらず、現時点ではノーテルにとっていつものようにビジネスが行われています。

はじめに、Cisco、Nortel、Avaya、NEC、Alcatel-Lucent、ShoreTel、Asterisk / Digium、結論

はじめに、Cisco、Nortel、Avaya、NEC、Alcatel-Lucent、ShoreTel、Asterisk / Digium、結論

Nortel

ノーテルの中小企業向けIPテレフォニーソリューションは、それぞれ最大90のIPステーション(デスクフォンとソフトフォン)をサポートするBusiness Communication Manager 200と400デバイスを中心に展開されています。どちらのシステムも効果的に同じハードウェアを使用しますが、BCM 400は2つのメディアベイと4つのメディアベイをサポートします。また、ハードウェアの冗長性も備えています。これらのデバイスは、ファイアウォール、VPN、ルーティングを統合した完全機能のエッジデバイスとして機能し、デジタルステーションとIPをサポートするため、既存の音声インフラストラクチャと統合することができます。 VoIPデバイスとして、最大60のIPトランク、SIPトランキング、モバイルIPデバイス、ボイスメール、およびアドホック会議通話をサポートします。また、NortelのAdvanced Paging Productivity Packと統合されており、テレフォニーネットワーク全体でワンボタンページングオプションを提供しています。

大規模な、マルチサイトまたは地理的に分散した環境の場合、NortelはCommunications Server 1000および2100 IP PBXシステムを提供しています。 1000シリーズは、サーバごとに最大22,500のIPユーザをサポートし、環境が拡大するにつれて複数のサーバを連鎖させてスケーリングすることができます。純粋なIPからアナログまでのあらゆるタイプのステーションを処理し、内部ハードウェアの冗長性を備え、重要なハードウェア障害が発生した場合でもテレフォニーネットワークの完全性を維持しながら、キャンパスまたは地理的WANリンク全体でシステムの冗長性を提供できます。 CS1000は、BCMのさまざまなデバイスとシームレスに統合されているため、ブランチオフィスを1か所から透過的に管理することができます。

CS1000でのユニファイドコミュニケーションは、Microsoft Live Communications ServerおよびOffice Communications Serverと統合されたNortelのConverged Officeスイートによって実現されます。クライアントは、これらの製品のソフトフォン機能をCS1000上のIPエンドポイントとして使用できます.CS1000は、Active Directoryとシームレスに接続して認証し、別個のユーザープロビジョニングを必要としません。このシステムには、PSTN接続、SIPコールブリッジング、およびOCS起点通話の監査用ゲートウェイがあります。

ノーテルのマルチメディアコミュニケーションサーバー5100は、CS1000との統合を目的として設計されており、オーディオおよびビデオ会議、プレゼンス、デスクトップ共有、Webコラボレーション、インスタントメッセージング、スマートフォンプラットフォームからの豊富なコラボレーション機能を提供します。オープンなSIP標準をサポートするため、MCS5100は非Nortel PBXまたはVoIPシステムと相互作用し、各システムは最大20,000人のアクティブな加入者をサポートするように拡張できます。追加のユーザーサポートは、余分なデバイスを使用するだけで実現します。

CS1000は、大多数のビジネスシナリオで十分な能力を備えている可能性が高いですが、それ以外の場合は、CS2100は、キャリアグレードで大規模に拡張可能なオプションを提供します。コンパクトまたはXAコアを搭載し、完全なハードウェアの冗長性を備えた中央集中型データセンターモデルをベースに設計された各デバイスは、最大125,000のIPまたはデジタルステーションと200,000本のIPトランクをサポートできます。地理的な冗長性は最大100kmの範囲で可能です。したがって、CS2100は強力なマルチサイト構成に完全に適しており、Microsoft OCSとの完全統合だけでなくあらゆる種類のPCクライアントがあります。

両方のCommunication Serverシステムは、IPテレフォニー機能、オープンなネットワーキングプロトコル標準、暗号化、メディアゲートウェイなどの膨大な範囲をサポートしています。このようなソリューションを市場に出している企業は、効果的なソリューションを設計するためには重要かつ継続的な協議が必要です。

NortelはNortelのバックエンドIP PBXシステムやサードパーティ製のデバイスのすべてと互換性がある広範囲のIP電話およびSIPデスク電話(LG-Nortel製)および無線電話も製造しています。また、スマートフォンや携帯電話プラットフォーム用のソフトフォン製品も用意されており、モバイルユーザーは企業のテレフォニーシステムに完全にアクセスできます。

はじめに、Cisco、Nortel、Avaya、NEC、Alcatel-Lucent、ShoreTel、Asterisk / Digium、結論

はじめに、Cisco、Nortel、Avaya、NEC、Alcatel-Lucent、ShoreTel、Asterisk / Digium、結論

アバイア

NEC

アルカテル・ルーセント

同社は大きな変化を遂げていますが、製品レンジは依然として非常に強く、衰退の兆しも見られません – Nortelは依然として積極的にグローバルに契約を獲得しています;結論ビジネスユニットの売り切れにもかかわらず、Nortelは依然としてIPテレフォニー市場であり、特に大規模分散実装の場合は考慮する必要があります。

ベンダー:Nortel;価格:パートナーからの要望に応じて詳細を提供;保証とサポート:パートナーからの要望に応じて詳細を提供;優れた機能:大規模スケーラビリティの高い製品、あらゆる業界のテレフォニー標準との統合、悪い:中小企業向け:結論:ビジネスユニットの売り切れにもかかわらず、Nortelは依然としてIPテレフォニー市場で非常に重要なプレーヤーであり、特に大規模分散実装の場合は考慮する必要があります。

2008年、米国の通信会社Avayaは、世界のトップIP電話会社のリストで3位に入りました。 Avayaは、2009年にソフトウェアベースのPBX製品であるAvaya Auraを導入しました。これは長年実行されてきたDefinityシリーズのPBXハードウェアを置き換えました。 Auraは、Linuxベースの通信プラットフォームで、Aura Communication Managerによって統制され、統一されています。

ShoreTel

Communication ManagerはAuraシステムの中心にあります。これは、SIPおよびH.323の通常のオープンスタンダードをサポートし、システムあたり最大18,000のIPステーションを管理し、ネットワークあたり最大100万ステーションまで拡張できるソフトウェアPBXです。このシステムは、ビジネスの変化するニーズを満たすために混在して対応できるAvayaサーバとゲートウェイに位置します。この意味で、Avayaの「ネットワーク」はすべての基盤ハードウェアの組み合わせ機能で構成され、ソフトウェアとPBX機能は抽象化されているため、ダイナミックテレフォニー環境の作成と保守の柔軟性が大幅に向上します。

最大450台のステーションをサポートするS8300シリーズから最大18,000台を処理できる完全にハードウェアが冗長化されたS8700シリーズまで、Avayaサーバーの4つのモデルがあります。 S8400、S8500、およびS8700は、Avayaネットワーク内の物理エンドポイントであるすべての利用可能なメディアゲートウェイをサポートしています。ゲートウェイは、内線、物理電話メディア(T1 / E1など)、ステーションプラットフォーム、およびトランキングをサポートします。モジュール化されているため、必要に応じて展開して、サイトや支社の物理的な要件を満たすことができます。

Avaya Integrated Managementは、複数のサイトや支店でAvayaネットワークのあらゆる側面を集中管理するために使用されます。 Microsoftネットワーク管理を活用して、管理者はネットワーク上の個々のデバイスの状態を常に監視し、ネットワークの状態を追跡し、IP電話やメディアゲートウェイにパッチやファームウェアの更新を適用できます。また、ブロードキャストアナウンスに使用されるWAVファイルの中央ファイルリポジトリとしても機能します。

ユニファイドコミュニケーションとコラボレーションは、Aura Application Enablement Services(AES)、Communication Manager Messaging and Presence Servicesによって提供されます。これらはすべて別個の製品です。 AESは、Communication ManagerがMicrosoft OCSおよびIBM Lotus Sametimeと連携するための統合フレームワークを提供しますが、内部ソフトウェア作成者向けの開発プラットフォームおよびAPIを提供して、社内の業務アプリケーションに電話機能を追加します。 AESは、APIとSDKだけを提供するソフトウェア専用のデプロイメントとして利用できますが、ハードウェア/ソフトウェアのデプロイメントでは、専用のDellサーバー上で完全な製品を使用できます。 Communication Manager Messagingは、基盤となるAuraサーバーの物理仕様に基づいてボイスメール機能を提供します。たとえば、8300シリーズは450個のメールボックスをサポートできますが、8400シリーズは900を管理できます。プレゼンスサービスは、接続されたユーザーが他のすべてのユーザーCommunication Managerネットワーク内および接続されているMicrosoftおよびIBM Lotusシステム間で共有できます。

Auraシステムは、中規模から大規模な企業に対応しており、特に小規模の顧客にとってはコスト効率に優れていません。市場のこのセクションでは、AvayaにIPオフィス電話システムがあります。 IP Officeには、Essential、Preferred、Advancedの3つのフォーマットがあり、ソフトフォンやモバイル統合などの機能にアクセスするために、モバイルワーカーやレセプタリストなどの生産性製品を使用してユーザ機能を追加できます。 IP Office Essentialは、IP Office 500の物理システム(ボイスメールとメッセージコントロール、最大4回の同時通話)を通じた基本的な機能を提供します。 IP Office Preferredは、セキュアな会議、IMAP互換のメールシステムによるユニファイドメッセージング、通話録音、自動コールルーティング、40件の同時通話でこの機能を拡張します。 IP Office Advancedは、個々の通話やボイスメールをより詳細に制御し、顧客のコンタクトセンター環境に非常に適しています。これらのシステムはすべて同じAvayaハードウェアを使用しているため、増加するニーズに合わせてビジネスをアップグレードするのは簡単です。追加のサーバーリソースは、標準のWindows Serverシステムを使用して処理されます。

Avayaは、IP、デジタル、DECT、ワイヤレス、ビデオフォン、アテンダントコンソールなど、さまざまな有線およびワイヤレス電話も提供しています。これらのすべてがメディアゲートウェイと互換性があります。

Avayaの分散型モジュラー手法は、新しい機能をオンラインにするために、大幅な柔軟性とコスト削減を実現するとともに、ハードウェアの切り替えの必要性を制限します。 IPオフィスソリューションは中小企業にとっても魅力的であり、手頃な価格でIPテレフォニーにアクセスできるようにします」結論急速に拡大するビジネスに適した、あらゆるレベルでのソリューション

アスタリスク/ディジウム

結論

ベンダー:Avaya、価格:パートナーからの要望に応じた詳細情報:保証とサポート:パートナーからの要望に応じた詳細情報:優秀な小規模ビジネスソリューション、分散アプローチによりコスト削減と柔軟性が得られる、悪い:複数のソフトウェア製品により、必要性;要点:あらゆるレベルでの堅調な提供、特に急速に拡大するビジネスに適しています。

(クレジット:NEC)

NECのVoIPインフラストラクチャは、オーストラリアと世界のIP電話市場の大手企業で、ユニヴァージSV8000シリーズの通信サーバーとDTシリーズの端末を中心としています。

オーストラリアでのNECの新規販売の約40%は純粋なVoIP実装です。残りの部分には何らかのアナログ電話サポート(レガシーシステム、ファックス回線など)が必要であり、NECの顧客の大部分はハイブリッドシステムを実行しています。これらはネイティブのVoIP製品ですが、SV8000シリーズはアナログ/回線交換技術をすべてサポートしており、NECが製造したものであろうと他のベンダーであろうと、既存のインフラストラクチャと容易に統合できるように設計されています。既存のお客様にとっては、NECは過去15年間に作成されたシステムのどれもが最小限の費用で簡単に純粋なVoIPインフラストラクチャに移行できるように、移行パスを用意しています。

SV8000は、SV8100、SV8300、SV8500の中小企業を対象とした3つの主要製品グループに分かれています。 SV8100は、ラックマウント型SV8100と床/壁掛け型SV8100モデルSE​​の2つのビルドで提供されています。これは小さく、トランクと端末数は少なくなりますが、拡張ニーズに対応するためにSV8100に移行できます。このユニットは、わずか10人のユーザを持つ企業に適しています。NECは、小規模な環境では完全なVoIP実装ではそれほどコスト上のメリットはないと考えています。

SV8100は、VoIPサーバおよびメディアゲートウェイ/コンバータ機能を処理でき、ピアツーピア環境で最大512のDT700端末をサポートできます。より多くのトランクとポートを処理するために最大4台のSV8100を接続することができます.4つ以上の企業がコスト効率を考慮してSV8300を検討する必要があります。このシステムは、PCアシスタント、PCアテンダント、SP310ソフトフォンを搭載したSV8000デスクトップスイートと、NECのVM8000インメイルおよび自動コールディストリビューション(ACD)技術もサポートしています。

SV8300は、中規模企業向けに設計されたスタッカブルラックマウントシステムです。 NECのUniverge 360​​マーケティングキャンペーンのバックボーンであり、最大1536の端末と512のピアツーピアIPトランクをサポートしています。システム上では幅広いアプリケーションが利用でき、ライセンスモデルを使用してライセンス認証されるため、企業は必要に応じて機能をオンにすることができます。 NECのお客様は、統一されたコミュニケーションシナリオとクリティカルなビジネスアプリケーションとの緊密な統合を促進するために、オープンアーキテクチャーに対する要求を推進しました。そのため、SV8300はSIPやXMLを含むOpen Applicationインターフェイスを備えています。

Univerge 360​​キャンペーンの最上位にはSV8500があります。大規模で集中的な通信インフラストラクチャをサポートするために大幅にスケーラブルで、6000を超えるトランクと192,000人のユーザをサポートし、CPUと電源の冗長性をサポートするオプションの拡張機能を備えています。また、オーストラリアで技術が広く普及すれば、SIPトランキングもサポートされ、伝統的に大企業に提供できる魅力的な取引と比較して、トールバイパスのコスト削減が実現します。

完全統合コミュニケーションのために、NECにはUniverge OW5000があります。開発者がMicrosoft OCSやIBM Lotus Sametimeなどの幅広い社内ビジネスシステムにテレフォニーサポートを拡張できるオープンソースのアプリケーションプラットフォームです。複数のPBXと統合することができ、C ++、Java、および.NETを含むオープンな開発標準をサポートします。

ユーザー側では、DTモジュラーハンドセット(DT700のIP端末)が配置されています。全範囲は、ボタンやスクリーンの種類から企業のロゴやオフィスインテリアに合わせて、ビジネスニーズに合わせて完全にカスタマイズ可能な標準シャーシをベースにしています。すべての電話機は、カスタムアプリケーション、VoIPプロトコル暗号化、IPv6用のXMLをサポートしています。次世代のこれらの端末には統合VPNクライアントが搭載されており、サードパーティのVPNコンセントレータを介して携帯端末を持ち帰って企業ネットワークに安全に接続できるほか、Bluetoothハブも備えています。すべてのDT700ハンドセットとDT300ハンドセットは、SV8000通信サーバーと互換性があります。したがって、バックエンドのインフラストラクチャの変更によってクライアント側のハードウェアが更新される必要はありません。

業界と消費者がクロスプラットフォーム通信を推進する中で、NECはApple iPhone向けのソフトフォン・アプリケーションを提供している。これにより、デスク・フォンから独立したiPhoneで拡張機能を使用できるようになる。ノキアやWindows Mobileベースの電話機では、卓上電話でトラフィックをルーティングする「テザリング(tethering)」アプリケーションも用意されていますが、これらのプラットフォーム用のフル機能のソフトフォンアプリは間もなく利用可能になります。

数十年の経験を持つ経験豊かな通信事業者であるNECは、新しいIPテレフォニーソリューションの導入や既存のインフラストラクチャの拡張を検討しているすべての企業にとって強固な選択肢です。 SOHOと中小企業は、将来の拡張計画がほとんどない場合、特にNECが高価な提案をしているかもしれません; NECの高度に統合されたアプローチは、中堅・大企業の顧客に非常に適しています。

ベンダー:NEC、価格:パートナーからの要望に応じた詳細情報:保証とサポート:パートナーからの要望に応じた詳細情報:優れた物理アーキテクチャ、あらゆる価格帯でのユニファイドコラボレーション、悪い「Webベースのコラボレーションなし、SMB NECの高度に統合されたアプローチは、中堅・大企業のお客様に非常に適しています。

アルカテル・ルーセントのIPテレフォニー・スイートの中核は、OmniPCX通信サーバーです。これには、中小企業向けに設計されたOffice CSと、大規模展開向けのEnterprise CSの2つの主要な形式があります。

OmniPCX Office CSは、あらかじめ設定されたサーバーであり、6種類から200種類までのユーザーをサポートする5種類のエディションが用意されています。これは、オールインワンのビジネスサーバーとして設計され、インターネットNATルータ、プロキシサーバ、Web / DNSキャッシュ、ファイアウォールなどがあります。また、リモートアクセスおよびサイトツーサイト接続用のVPNトンネルをサポートし、イントラネットとDHCPサーバーとして機能することもできます。コールサーバとして、自動コール分散(ACD)ボイスメール、コールスクリーニング、音声録音、デジタル、アナログ、モバイルを含むすべてのハンドセットプラットフォームをサポートしています。

拡張コミュニケーションサーバーを追加することで、Office CSの機能を拡張できます。コンパクトエディションは最大25人のユーザーをサポートし、プレミアムエディションは250まで拡張できます。システムは、デスクトップクラスのハードウェアにインストールされたLinux OSを実行します。 ECSには、セキュリティ保護されたコラボレーション仮想デスクトップ、共有カレンダーやMicrosoft Outlookとの連絡先を同期するためのコネクタソフトウェアなど、数多くのコラボレーションおよび通信アプリケーションが組み込まれています。これはメールサーバーとして機能し、DNS、PKI、およびQoS機能を提供し、モバイルユーザー向けのプッシュテクノロジとモバイル版の仮想デスクトップをサポートします。

中規模から大規模のグローバル企業向けに設計されたOmniPCX Enterprise CSは、1台のサーバー上で最大15,000のIPユーザーをサポートしますが、複数のサーバーを1つのネットワークイメージで100,000ユーザー、地理的に分散したネットワークであり、SIPやH.323などの広範なオープンスタンダードをサポートしています。 OmniTouch 8600 My Instant Communicatorにバンドルされています.My Instant Communicatorは、オンライン・コラボレーション、IMおよびプレゼンス、Microsoft OfficeおよびIBM Lotus Notes / Sametimeとのソフトウェア統合を提供する統合マルチメディア・サービスです。 OmniPCX Enterprise CSには、Windows Mobile、Nokia、およびBlackBerryデバイスにフルシステム機能を拡張するAdvanced Cellular Extensionも搭載されています。

拡張中のエンタープライズCSの導入にはまだ準備が整っていない中規模企業にとって、Alcatel-LucentはBusiness Integration Communication Solution(BICS)を開発しました。これは、1000人の従業員を抱える企業を対象としたエンタープライズCS上に構築されたシングルサーバーソリューションで、手頃な価格で統一されたビジネスコミュニケーションの方法を模索しています。 OmniTouch Contact Center、My Instant Communicator、ファックスサービスを組み込み、サードパーティのビジネスアプリケーションとの統合のためのXML APIをサポートしています。各機能セットは個別にライセンスされており、ビジネスの拡大に応じてスイッチをオンにすることができます。 BiCSは、有線および無線の両方のIPステーションに単一の管理ポイントと統合ネットワークインフラストラクチャを提供し、複数のサイトに実装できます。 BiCSは、Enterprise CSシステムを管理するためのJavaベースのWebツールであるOmniVista 4760 Network Managementを介して管理され、組み込みLDAPディレクトリ、レポート、リアルタイムトポロジおよびパフォーマンス分析を提供します。

エンドユーザエクスペリエンスは、Alcatel-Lucentの8シリーズIPタッチ式電話機で処理されます。エントリーレベル4008EEからギガビットPC接続をサポートするデラックス4068EE、Bluetooth 1.2対応のワイヤレスヘッドセットとの統合まで、5つのモデルがあります。すべての卓上電話はすべてのOmniPCX通信サーバーと互換性があり、追加のダイアルダイヤルアクセスまたはスイッチボード機能用のマルチボタンモジュールを追加することで拡張できます。

アルカテル・ルーセントの中小企業向け製品バンドルの巧妙な使用は、魅力的なアプローチです。拡張CSおよびBiCSは、企業が新しいIP電話システムを導入したり、既存のIPテレフォニーシステムを拡張したりするために、膨大な支出や大量の新しいハードウェアをインストールすることなく、優れた機会を提供します。これらのシステムがエッジデバイスとしても動作するということは、スタンドアローンのVoIPデバイスよりもかなり高い価値を提供し、新しいビジネスのための優れたインフラストラクチャを選択することを意味します。

ベンダー:Alcatel-Lucent価格:パートナーからの要望に応じて詳細情報を提供します。保証とサポート:パートナーからの要望に応じて詳細を提供します:優秀なSMB製品の範囲、スケーラビリティのための効果的なオプション、悪い:SMBのデスクトップクラスのハードウェア他のベンダーのソリューションと同様に堅牢で冗長性があり、結論として、IPテレフォニーに対するアルカテル・ルーセントのインテリジェントなアプローチは、それらを魅力的な選択肢にしています。

米国を拠点とするShoreTelは、純粋なVoIP市場で特に興味深いプレイヤーであり、「最高の製品であり、最良のマーケティングではない」という声があります。 IPテレフォニーベンダーの大多数とは異なり、ShoreTel製品の機能は、ハードウェアの機能セットではなくソフトウェアアプリケーションに集中しています。つまり、ShoreTelのVoIP実装では、非常に有益なフローオンを持つ分散アーキテクチャモデルを使用しています。

ShoreTelシステムの物理インフラストラクチャは、ShoreGearの音声スイッチの範囲を中心に展開されています。ビジネス、サポートが必要な物理的なハンドセットの数、アナログトランキングのサポートなどのその他の考慮事項によって、さまざまな音声スイッチが利用できます。 220台のIP電話機または70台の電話機とT1接続をサポートするShoreGear-220T1A(約US $ 5500)に最大30台のIP電話と4つのアナログポートをサポートするラック幅ShoreGear-30(約US $ 1300)のハーフラック幅から、 ShoreTelは、ビジネスサイトの特定の物理的要件を満たす多種多様なシステムを提供しています。各スイッチは、メディアゲートウェイコントロールプロトコル(MGCP)を介して他のすべてのスイッチ、IP電話、ソフトフォンと通信し、レガシーおよび現在の世代のPBXシステムと統合します。

コア機能はスイッチに含まれていますが、ShoreWare Directorを使用してすべての制御と管理が集中管理されています。これは、ShoreGearインフラストラクチャの数やレイアウトに関係なく、すべての音声アプリケーションの管理を処理するWebインターフェイスです。 Rather than having to individually manage each device on the system, the Director interface presents a unified view of the overall system resources, despite their physical location (including cross-site). Because core functionality is unified across all ShoreGear devices, each switch can pick up and balance the load (depending on capacity) in the event of device failure. Using this methodology ShoreTel is able to avoid single points of failure and provide N+1 redundancy, compared with all other IP telephony vendors that are effectively locked into a 1+1 redundancy model, where available.

The user end is supported by a range of ShorePhone IP handsets which come in a variety of shapes, sizes and feature sets, including 24-line expansion boxes, gigabit Ethernet, Bluetooth headset compatibility and an integrated VPN client. Prices range from approximately US$130 to US$500. Users also have access to softphone technology via the ShoreWare Call Manager application.

Unified communications capabilities are built into the system rather than as an optional add-in. The ShoreWare range of messaging products provide native access to voicemail, messaging, desktop video and user presence. The system will also integrate with third-party PBX voicemail and UC systems like Microsoft OCS or IBM Lotus Sametime. There are also optional add-on applications to support integration with systems like Microsoft CRM and Salesforce.com.

This approach offers some rather intriguing benefits by effectively abstracting the software component from the hardware, allowing businesses to treat and manage the two as separate entities. Due to software upgrades not being dependent upon hardware capabilities, hardware changes are dynamically reflected in the software and with licensing handled on a per-user basis, which according to ShoreTel, serves to drive down the TCO of its VoIP range. This, combined with its claim that switches consume around 60 per cent less power than the equivalent Cisco systems, means that customers are going to ShoreTel to benefit from reduced TCO. It also means that ShoreTel does not need to create expensive migration and roll-over roadmaps for its customers — the system simply expands to meet growing demand.

Because of the scalable nature of its products, ShoreTel doesn’t really have to differentiate between small, medium and large customers. Having said that, it does have an upper support limit of 10,000 users and admits that the “sweet spot” of its customer base is in the 50 to 6000 user range. ShoreTel also produces and markets a Small Business Edition product, which is a switch, UC and user licence bundle designed as an affordable single site implementation. Again, because it’s based on the standard range of ShoreTel products, expansion beyond the limits imposed by the SBE model is achieved via a software upgrade rather than a hardware changeover.

ShoreTel’s distributed approach to pure IP telephony is quite innovative and well worth considering. It does not have a large presence in Australia at present, but is expanding rapidly.;The bottom line Excellent approach to pure IP and offers many business benefits.

Vendor: ShoreTel;Price: Details available on request from partners;Warranty and support: 1-year hardware and software warranties available;The good: Highly modular and expandable;N+1 redundancy;Hardware and software independence;The bad: Cannot scale above 10,000 users;The bottom line: Excellent approach to pure IP and offers many business benefits.

Asterisk is an open-source IP telephony PBX and is freely available for download.

Like many Linux-based point solutions, Asterisk is designed to do one thing and to do it well. Its development is driven by Digium, the US-based company which originally released Asterisk, and is supported by the open source community.

Asterisk is released under a dual-licensing model which allows both proprietary and open source releases, so like many other open-source business applications, it is available as both a free, unsupported download or as a paid-for business product.

Asterisk is extremely flexible, capable of acting as a PBX switch, media gateway or call centre manager. It can act as the main device in an IP communications network or as an interface with an existing PSTN-based PBX. It supports a wide range of call features, telephony codecs and protocols, including SIP, H.323 and SCCP. It has been primarily developed for GNU/Linux on the x86 platform, but also works on FreeBSD, OpenBSD and Mac OS X. There is a Windows port of Asterisk called AsteriskWin32, but it is at least one major revision behind the primary source code build and has very limited support.

Asterisk is designed to be a cross-platform back-end product, so its implementations do not follow the traditional end-to-end model available from most vendors and resellers. There aren’t any specific desk phones designed to work with Asterisk nor softphones available via the code project, so all these things have to be sourced separately. Fortunately, there is a thriving online community to assist in the search for compatible accessories, and there are compatible softphones like X-Lite and Firefly that are commercially developed and supported.

Since Asterisk is open source it comes free of charge with no licensing considerations. However, as with any enterprise system, there are always hidden costs. Asterisk is not a particularly accessible platform to those unfamiliar with telephony configuration, and even though there are plenty of tutorials and articles about how to configure the system, businesses looking to implement Asterisk based on the open source build will need to rely heavily on pre-existing in-house expertise or will have to bring in external contractors. There is a preconfigured Asterisk soft appliance available called AsteriskNOW (also free) which is much easier to get up and running, but ongoing support and configuration will still need the attention of a specialist.

Another option is to go through a reseller. Asterisk is popular enough to support a global network of partners and distributors who can implement and support Asterisk, either on third-party hardware or using the pre-configured systems built and supplied by Digium.

Digium supplies two main hardware systems: the Switchvox IP PBX and the Asterisk Appliance. Switchvox is Digium’s IP PBX platform based on Asterisk, and is not open source. Designed to be much more accessible than Asterisk, businesses can download a trimmed-down free version of Switchvox to use on its own hardware. Digium has SOHO and SMB versions of the product that run on the company’s own hardware appliances, which offers greater functionality and supports more users and features. Switchvox SOHO is designed for one to 20 users and is available for a starting price of US$1595, while the SMB systems scale to accommodate up to 400 users and has a wider range of support and maintenance subscriptions.

The SMB appliances come in three models: the AA60, which is a desktop/wall-mount device suitable for up to 30 users and starts at US$3195, the AA300, which is a rack-mount device supporting up to 150 users and starting at US$4195, and the AA350, which is a rack-mount system with hardware redundancy supporting up to 400 users and available from US$5995.

All Switchvox systems support a range of add-on software packages to enhance user functionality, such as the Notifier Suite (for SMB devices only), which integrates with Microsoft Office enabling full access to the PBX account, Fire Dialler, which brings VoIP functionality to Firefox, or the stand-alone Outlook plug-in. Digium also supplies a wide range of telephony expansion and functionality cards designed to work with any Asterisk-based server.

The Asterisk Appliance 50 (AA50) is a stand-alone system designed for SMBs or branch offices with up to 20 users. It uses an embedded build of AsteriskGUI and can function as a PBX, voicemail/IVR/conferencing server or VoIP gateway. It’s available in three hardware formats — a pure VoIP system (S800i), an eight-trunk system (S808B) or a four-trunk plus four-station system (S844B). Each system is available with Silver, Gold or Platinum maintenance subscription, starting at US$1259.50 for the S800i/Silver product and ranging up to US$2579.50 for the S808B/Platinum system.

While the open source approach does not suit every business, the ability to implement low-cost IP PBX infrastructure is an attractive one worth investigation, especially as affordable, supported systems are available. Asterisk-based solutions are the most suitable for small to medium businesses rather than large enterprises, as neither the free product nor Digium’s business model is designed to scale that far or support complex environments.;The bottom line Worth a look for small businesses without a current IP telephony solution, but without pre-existing technical knowledge the OSS version will prove costly compared to Digium’s business solutions.

Vendor Asterisk / Digium;Price: Free (OSS) / US$1250.50 – $5995 (Digium);Warranty and support: None (OSS) / 1-3-year hardware, Silver/Gold/Platinum support (Digium);The good: Highly affordable;Attractive business options via Digium;Accessible IP solution for testing;The bad: Difficult to implement open source version;Limited to SOHO/SMB market;Scalability managed via hardware;The bottom line: Worth a look for small businesses without a current IP telephony solution, but without pre-existing technical knowledge the OSS version will prove costly compared to Digium’s business solutions.

The small business offerings of every vendor were quite good, but the standouts were Avaya’s IP Office, Alcatel-Lucent’s Office Communication Server and Asterisk/Digium’s Appliance 50. All of these products offer significant integrated functionality at an affordable entry point — perfect for businesses with few users who will want the benefits that come from a unified data and voice system. Of these products, the one that interested us the most was definitely Alcatel-Lucent’s Office CS, which has the capacity and flexibility to serve as an integral core device in any small business.

For medium-sized businesses (around 50-1000 users), the vendors of particular interest are Cisco, ShoreTel and Avaya. ShoreTel and Avaya’s distributed approach to hardware and software (especially ShoreTel’s) offer fantastic options for flexibility and scalability while keeping down TCO should definitely be considered. However, the staggering variety of Cisco’s product offerings across such a wide range of business solutions make them impossible to pass up. The ability to enable seamless communications across multiple platforms is exceptionally compelling.

For large and very large companies, all the vendors apart from ShoreTel and Asterisk/Digium have powerful, massively scalable solutions that are more than up to the task. The reality of projects of this size is that they are more than likely to have a political element — pre-existing relationships with partners, currently-deployed hardware, personal preferences of decision-makers, and so on. Though, again, Cisco comes to the fore because its collaboration solutions scale up to match the size of the underlying network. Its networking heritage also allows an holistic approach at all times, and due to this Cisco should really be the vendor of choice for enterprise IP telephony. And given that Cisco is now the number one vendor globally, the market seems to agree.

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Introduction;Cisco;Nortel;Avaya;NEC;Alcatel-Lucent;ShoreTel;Asterisk/Digium;Conclusion

クラウド、クラウドのソフトウェアメーカー、クパのファイルは7500万ドル、エンタープライズソフトウェアは?TechnologyOneは農業、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか、Enterprise Software、Sweet SUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入