Sony VPL-CX76レビュー

VPL-CX75の直接の置き換えとして、CX76はその仕様のほとんどを前身から継承しています。 2.9kgでは、2kg未満の超軽量カテゴリではやや太りすぎですが、オフィスやショルダーバッグに持ち運びには軽すぎず、あまり問題はありません。そのXGA(1,024 x 768)解像度はクラスでは非常に標準的ですが、2,500 ANSIルーメンの明るさは、地球が壊れていませんが、今日のビジネスプロジェクターのエントリーレベルをはるかに上回ります。

VPL-CX76は、シルバーの「ソフトタッチ」ボタンを備えたスマートな白い筐体に収納されていますが、機能的で高価なフィーリングを備えており、クレジットカードサイズの事件ではなく、フルサイズのリモコンが付属しています。あなたはまた、あなたがプロフェッショナルに見えるように助けになるかなりポーズ見栄えのレーザーポインタープレゼンテーションスライドチェンジャーを取得します。

このプロジェクターは操作が非常に簡単で、ソニーの自動セットアップ機能は完全に機能しています。電源をオンにすると内蔵のレンズプロテクタが収縮します。レンズキャップはなくなります。また、電動チルト機構により、最後に使用した高さにプロジェクタを持ち上げることができます。オート入力の検索でPCまたはビデオの接続が検出され、画像が表示され、フォーカス、垂直キーストーン、およびピクセルの位置合わせのために自動的に調整されます。手動設定には水平キーストーン調整が含まれており、使用している壁や画面から離れて投影することができます。電力が除去されると、ランプが冷却されるまで内部冷却ファンが吹き続けます。これは、プロジェクターのプラグを抜く前に、通常の待ち時間なしに電源を切ったり、切ったりすることができることを意味します。

VPL-CX76は、「3LCD」ロゴを持つトリプルLCDイメージングシステムを使用しています。比較的新しい3LCDグループは6つのプロジェクターメーカーで構成され、3LCDロゴのライセンスを受けているエプソンが主導しています。このロゴは、DLPなどの競合技術に比べてLCD技術の利点を促進するように設計されています。しかし、プロジェクタに3つのLCDパネルを使用することは新しいものではないので、3LCDのロゴが新しい最先端技術を約束していると思ってしまうのではないでしょうか。

にもかかわらず、VPL-CX76の画質は非常に良好で、明るい画像と豊かな色を備えています。コントラストはかなり悪く、350:1でしか評価されませんが、ビジネスプレゼンテーションの場合、特にオフィスのライトが点灯している場合は、コントラスト比よりもはるかに明るさが重要です。さらにパワーが必要な場合は、非常に似たVPL-CX86を使用して、500 ANSIルーメンの出力を追加できます。

VPL-CX75の特徴は、CX76のバージョン2にアップグレードされたソニーのAirShotワイヤレステクノロジのサポートでした。Airshot v2を使用すると、プレゼンテーションを最大100台のPCからワイヤレスでプロジェクションすることができ、プレゼンタケーブルを手にする必要はありません。最大5台のプロジェクタに1台のPCからの出力を表示することもできます。バージョン2では、バージョン1よりも20%高速な接続と転送速度が要求されています。

VPL-CX76には、USB 802.11gワイヤレスネットワークアダプタ(USBメモリキーとしても兼用)とプロジェクタ用コンパクトフラッシュサイズの小型アダプタが付属しています。付属のソフトウェアを使用すると、PCとプロジェクタ間のワイヤレス接続を簡単に設定できます。起動時に利用可能なプロジェクタを自動的に検索します。選択したプロジェクタに対応するアイコンをダブルクリックするだけで、PCのデスクトップが驚くほど速く投影されます。

既にワイヤレスネットワークをお持ちの場合、VPL-CX76は、WPAとWEPを完全にサポートする既存のワイヤレスアクセスポイントに接続するように設定できます。また、システム管理者は、SNMP管理を使用して、システムエラーや警告が発生した場合に自動的に電子メールアラートを送信するようにプロジェクタを設定することもできます。

ビルトインメモリースティックサポートにより、接続されたコンピュータなしでスライドショーやプレゼンテーションをリムーバブルメディアにダウンロードしてプレゼンテーションすることができます。 JPEG画像とMPEGビデオファイルがサポートされ、付属のソフトウェアは他の画像フォーマットから変換することができます。

Sony VPL-CX76

さまざまな接続方法と優れた画質を備えたVPL-CX76は、特にノートブックやメモリカードを使用して複数のプレゼンターを使用する場合、非常に滑らかなプレゼンテーションが可能です。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン