SKテレコム、6月1日に1Gbpsで2019年までに500Mbps LTE-A Proを開始

今月の韓国のスペクトルオークションは、新たな帯域幅が見込まれない競争の激しい反競争的であったが、オークションの優勝者であるSKテレコムは、すでに来月にはより早いLTEモバイルサービスを準備している。

週末にSKテレコムは、500Mbpsのダウンリンクスループットが可能で、2019年には1ギガビット/秒(Gbps)のさらに高速なダウンリンクが可能なLTE-A Proと呼ばれる新しいサービスを開始する予定だという。現在のLTEの速度は約150mbpsで、「5G技術の開発の橋頭堡」と呼ばれています。

これにより、第5世代(5G)のモバイルサービスが利用可能になるまでの間に、ポーランドの市場シェアを50%以上上回る国内最大の通信事業者が介入している。世界中の通信事業者は5Gが2020年までに利用可能になると言っています。

「SKテレコムは、6月1日から、5つのキャリア・アグリゲーション・サービスを通じて、元のLTEサービスの約7倍の速さのLTE-A Proを提供する予定だ」と述べた。SKテレコムのインフラ戦略部門のチョ・スンウォンシニアバイスプレジデントは、前記。

キャリアアグリゲーション(CA)サービスにより、LTE-A Proは5Gテクノロジの開発の橋渡しとなります。

SKテレコムは、5月2日の韓国の周波数オークションで、LTE帯域幅の占有率を上げた結果、このすべてを行うことができます。SKテレコムは、50MHzのLTE帯域幅を獲得し、合計70MHzのダウンロード帯域幅を確保しました。より速いモバイルサービス。

同社は、2.6GHz帯域幅に256の直交振幅変調や4×4の多入力多出力などの最新のLTE技術を追加して、ネットワーク速度を向上させると述べた。また、LTE-A Proと5バンドCA技術の両方を提供することができれば、1Gbpsの速度に達すると付け加えました。しかし、トップダウンのスループットは、LTEとWi-Fiネットワークを組み合わせることでさらに2.7Gbpsにアップグレードできます。

SKテレコムは、2018年までに首都ソウルで初めての高速ネットワークサービスを開始し、翌年までに90,000以上の基地局でカバレッジを90%に拡大する。

SKテレコムは、6月末までにIoTサービスのためにLoRaと呼ばれる低電力広域ネットワークの導入を計画しているとも述べた。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

オーストラリアの航空会社はSamsung Galaxy Note 7を禁止?Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインド通信を揺るがすiPhone 7のpricetagsが中国の販売を妨げる可能性がある、韓国のMinkonetはVRストリーミングサービスの上にネイティブオブジェクト広告を載せ、SamsungとT-Mobileは5G試行

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます