Windows Home Server ‘ベイル’リフレッシュテスターに​​行く

マイクロソフトは、Windows Home Server “Vail”製品のアップデートされたプレビュービルドを、選択されたテスターに​​リリースしました。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

Microsoftの幹部が最近期待していたベイルのリリース候補者の近くにいるかどうかはわかりません。 (私はそうは思わない)しかし、私はマイクロソフトにコメントを求め、返された情報を更新する予定である。 Microsoftは、このビルドの記述子として「プレビュー」を固執しているという。広報担当者はこれが(まだこれがVail Release Candidate 0であるかどうかは明らかではない)と述べている。

マイクロソフトの愛好家でありブロガーのTom Ziegmannによると、August Vailテストビルドにはダッシュボードに数多くの調整が含まれています。また、Ziegmann氏によると、Windows 7とWindows Server 2008 R2のService Pack 1ベータ版をサポートするだけでなく、Mac OS用の新しいクライアントコネクタも追加する予定です。 Ziegmann氏は、ストレージの点検や修理など、新しいテストリリースでいくつかのことが壊れていることをテスターに​​警告しました。

別のベイルテスターは、マイクロソフトが8月13日にConnectサイトで新しい「プレビュー更新」を静かに行ったことを確認した。

Microsoftは2010年4月下旬にベイルのベータ版をリリースしました。マイクロソフトの役員は、ベイルの最終版がいつ出荷されるのかについては言い表しがなくなりましたが、私が知っているテスターや企業ウォッチャーの多くは、

Vailは、Microsoftが開発している3つの新しいローエンドサーバーの1つです。 「SBS 7」は、MicrosoftのオンプレミスSmall Business Server製品の次期バージョンです。 「Aurora」は、中小企業向けのハイブリッドクラウド/オンプレミスサーバーです。 SBS 7とAuroraのテストビルドは、8月末前に予定されています。

アップデート:Auroraベータ版は8月16日にダウンロード可能です。

マイクロソフトの関係者は、SBS 7やAuroraの最終版がいつリリースされるのかについてもコメントしていない。

Microsoftの関係者は、「家庭やオフィス外でのメディアストリーミングの拡張」、マルチPCのバックアップと復元に関する新機能、セットアップとユーザーエクスペリエンスの簡略化、ツールとカスタマイズ機能の拡張など4つの分野での改善をVailに期待すると述べているパートナーのために。

アップデート:「We Got Served」のブログには、このビルドに追加されたMacの接続についての詳細があります

大きなニュースは、Windows Home Server VailがMac OSを実行しているコンピュータをネイティブにサポートするということです。これには、Time Machineのバックアップの対象となるWindows Home Serverのほか、Mac用のLaunchpadやPCと同じリモートWebアクセスエクスペリエンスが含まれます。この時点(プレビュー内)では、Windows Home Server Dashboardへのアクセスが表示されません。

We Got Servedは、新しい8月のプレビューをダウンロードしてインストールしているユーザーのために、Vailインストールのウォークスルーを追加しました。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます