VMware:「いくらか優れた可視性」を先取り

VMwareは第3四半期の予想を上回る第2四半期と見通しを達成しました。

第2四半期の米国の売上高は、前年同期比3%減の2億3,300万ドルでした。第2四半期の国際収入は3%増の2億2,200万ドル、サービス収入は前年同期比32%増でしたが、ライセンス収入は20%減少しました。

同社の第2四半期の業績は、前年同期の5200万ドルから13セントに減少し、3300万ドル(1株当たり8セント)となった。同社は非GAAPベースの利益を1亿5600万ドル、1株当たり20セントと、前年同期と同水準の456百万ドルの収益を計上した。ウォール街では、収益452.1百万ドルに対し、1株当たり19セントの利益を期待していた。

見通しは期待に比べて堅調でした。 VMwareは第3四半期の売上高を4億6,500万ドルから4億8,000万ドルに見込んでいます。ウォールストリートは第3四半期の売上高が4億7,110万ドルになると予想していた。 2009年の収入は1%から3%増加します。

声明のなかで、CFOのMark Peek氏は、同社は、「当社のビジネスをいくらか可視化し始めている」と経済についてはまだ慎重であると述べた。

数字で

VMwareの次のプレー:企業向けのすべてのクラウドの管理

IBM、VMware、SugarCRMとクラウド契約を結ぶ

VMware、Arkin Netを買収

パブリッククラウドコンピューティングベンダー:強み、弱み、大きなイメージを見てください

VMwareは、VMware、SugarCRM、データセンターでクラウド契約を結び、VMwareはArkin Netを買収し、ソフトウェア定義のネットワーキングを増やすクラウド、パブリッククラウドコンピューティングベンダー:強み、弱点、大きな画像