VideoStudio 7レビュー

VideoStudioは、PinnacleやMGI / Roxioの製品(Windows Movie Maker 2やAvidの今後のFreeDVなどの無料アプリケーションはもちろん)との厳しい競争に直面していますが、Uleadにはしわを取り除く機会がたくさんあります。バージョン7は最新のもので、インターフェースと機能セットの両方のアップデートを提供しています。

VideoStudio 7は、以前のバージョンと同様に、上部に7ボタンのメニューバー、クリップとプロジェクトプレビューの両方に1つのプレビューペイン、タイムライン、ナビゲーション、現在のタスクに合わせて調整された動的ペインを使用してリニアワークフローを促進します。いくつかの場合とは異なり、このワークスペースはサイズ変更することができ、複数のモニタに分割されませんが、より大きなプレビューウィンドウを表示できます(フルスクリーンにすることもできます)。もっと簡単なストーリーボードモードを選択できますが、タイムラインにはピクチャインピクチャエフェクト用のプライマリビデオトラックとオーバーレイ、ナレーショントラック、バックグラウンドオーディオトラック、およびタイトル/グラフィックストラックの両方が含まれており、リアルタイム(ほぼ)のソフトウェア複数の同時エフェクトをサポートするベースのプレビューまた、効果とフィルタはすべて、キーフレーム可能でカスタマイズ可能であることに注意する価値があります。これは、50ポンド未満のパッケージではほとんど見られないレベルのコントロールです。

Uleadは今後のビデオ開発についても注目しています。その理由は、VideoStudio 7が新しいDVDベースのビデオカメラで使用されるDVD-VRおよび+ RW規格、およびDCR-IP220EなどのSonyビデオカメラで使用されるMicroMV MPEG2フォーマットをサポートする理由です。ご想像のとおり、VideoStudioにはビデオキャプチャツールが含まれています。これには、単一の大きなクリップからサブクリップを作成するためのシーン解析によるバッチキャプチャが含まれています。また、PinnacleのStudio 8に似ていますが、後者の製品のドラフトモードオプションを使用しないで、ハードディスクスペースを節約するためにMPEG2に直接キャプチャすることもできます。

その他の新機能には、クリップの高速化や低速化のためのますます普及している非常に有用なレート制御オプション、および非常に便利なマルチカットの非破壊編集ツールがあります。これにより、元のクリップを変更せずにクリップから不要な素材を削除できるため、複数のサブクリップを作成することなく、素早くデッドフッテージを切り抜くことができます。カラー、コントラスト、バランス、色相、彩度、鮮明度(やはりすべてのキーフレーム対応)、UleadのCool3DタイトラーとグラフィックデザイナーのSEバージョンなど、あらゆるイメージ調整が可能です。

VideoStudio 7のDVDオーサリングツールは、Pinnacle Studio 8と同様に統合されておらず、最初に開発されたDVDプラグインとよく似ていますが、トランスコードしなくてもタイムラインからVideoCDまたはDVDを作成できますあなたの資料を最初に2つの新機能は、ラウンドトリップ編集とデュアルレイヤメニューです。前者では、ディスク書き込みの途中で変更を加えた後、途中で戻ってピックアップします。後者では、ネストされたメニューを作成できます。これは、メインメニューから離れたシーン選択メニューに共通の要件です。

変更するものには、クリップをタイムラインに追加するときのトランジションのデフォルト挿入、トランジションメニューの躁アニメーション(これはいつものように気を散らす)、A / B編集ビューでのトランジションを見ることができます2つのビデオトラックの間には、非常に便利な追加もあります。このインターフェイスは、Pinnacle Studio 8のように滑らかではありませんが、VideoStudio 7の価格、シンプルさ、コントロールの組み合わせが好きで、キーフレーム対応のエフェクト、オーバーレイビデオトラック、新しいビデオ規格の幅広いサポートが、今日市場にある非指向のノンリニアエディタ(NLEs)を対象としています。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン