シンガポール、データ産業を発展させるDaaSパイロットを計画

シンガポールのインフォコム開発局(IDA)は、今後3カ月以内にサービスとしてのデータ(DaaS)プログラムを導入する予定であり、このイニシアチブがデータセット市場の育成に役立つことを願っています。サードパーティの開発者がより革新的なアプリケーションを開発しています。

IDAのCEO、Ronnie Tay氏は、CloudAsia2013フォーラムで、DaaSプログラムを開始し、「オンデマンドで効率的なデータ配信を可能にする全国規模のプラットフォームの開発を促進する」計画を発表した社内または業務用のアプリケーションを開発するためのバイヤー」を提供しています。

まず始めに、連合した名前空間レジストリが導入され、関心のある組織はそのデータセットを利用できるようになるとTay氏は指摘する。すでに公的に利用可能なデータを補完するだろう、と彼は述べた。

IDAのインフラ・サービス開発担当副社長Khoong Hock Yun氏は、「7月か8月」に、公的機関や民間参入企業などの利害関係者が合図を出して、無料であろうと有料であろうと、彼らのデータセットのいくつかを利用できるようにする意向。

フェデレーションされた名前空間レジストリは、例えば、開発者がLand Transport Authorityからデータを検索すると、他の組織が利用可能な他の関連するデータセットを見ることができるようになるメカニズムとして機能します。 。

最終目標は、データユーザーがオンラインで公開されたデータセットに関するフィードバックを提供し、有用性や信頼性などの分野に応じてそれらをランク付けする「マーケットプレイス」を作成することです。

このフィードバックメカニズムにより、開発者は後でデータを簡単に発見でき、組織はデータセットをクリーンアップし、標準API(アプリケーションプログラミングインターフェイス)などの要素で簡単に使用できるようになることが期待されます。

このようなことがある場合、データ業界はちょっとしたコテージ業界です。 DaaSのプログラムが開発に役立つことを願っています」と述べています。「革新は、アプリケーションをより魅力的で総合的なものにする異なるデータセットの機能を融合させたものです。

「非公式ベース」で関心を示している民間部門の当事者には、Global Yellow PagesとWilson Parking Singaporeが含まれている。

CFCが発行されれば、フェデレーションされた名前空間レジストリのパイロット実装は2年間実行されるだろう、と幹部は付け加えた。彼は、IDAはまだプロジェクトの資金調達について話し合っていないと述べた。

データの構築 “コテージ産業”